AGA外用薬はリスクもあるので副作用が出たら中止

AGA外用薬というのは、男性型脱毛症を改善する塗り薬であり、基本的に頭皮の直接使う育毛剤です。AGA外用薬にはミノキシジルなどの薬があり、薄毛に対して非常に効果があります。
しかし、このAGA外用薬には副作用が起こるというリスクもあるので、注意して使う必要があるのです。まず、挙げられるのはいの不快感であり、そのほかには性欲が減退してしまうという副作用もあります。
AGA外用薬にはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種を抑制する効果のある成分が配合されているので、男性機能が低下してしまうというリスクもあるのです。男性機能が低下してしまうと勃起不全などになる恐れがありますが、この症状ほとんど出ることのない症状なのであまり気にしなくていいでしょう。
それよりも怖いのは、頭皮にかゆくなったり炎症が起きてしまうというリスクがあることです。
これは、利用者との肌相性の問題なので合わないと思ったらすぐに中止するのが良いでしょう。特に炎症は悪化すると抜け毛がさらにひどくなるので、注意深く頭皮を観察しながらAGA外用薬を使うといいです。
もしこのような症状が起きたときは、すぐに中止して医師などに相談に行き、適切なAGA外用薬をアドバイスしてもらうといいでしょう。
そしてもうひとつ注意しておくことがあります。それはAGA外用薬のなかには高血圧の患者のために作られた成分を使っているものもあるので、使用者の血圧を下げる効果があるものもあるのです。なので、低血圧な人がこのような成分が配合されているAGA外用薬を使った場合は、非常に危険なため、すぐに中止して症状が出たときは専門医などに相談しに行くといいです。